カテゴリー: 脱毛のお役立ち情報

男の脱毛に関して

脱毛をした後の女性
私は目下大学3年生の男です。

私が初めて脱毛しようと決心したのは、中学3年生の事例です。

小学生のころから、周囲と比較して遺伝的にムダ毛が濃かったのですごく頭を抱えていました。

そして、中学生のある時、家屋に置いてあったカミソリで足の毛を処理しました。

その頃は「これで苦しみがなくなるかな」と前向きに思ったのですが、数日すると当然毛は生えてきて、ひどい事に剃る前より毛深くなってしまったのです。

それ以降、本格的に体毛に関してコンプレックスになってしまい、半ズボンも履きたくなくなってしまいました。

中学・高校の授業ではそのような事情は言い出せず、通用せず、体育着の短パンを履かざるを得ませんでした。

かなりの苦しみだったので、最低でももの考えで毛の量を減らすため、男性の必要ない毛処理専門のカミソリを買い、すね毛の長さをすり合わせする事にしました。

伸びる期の男子生徒にそのようなカミソリは影響があるわけもなく、漫画に出てくるような短いすね毛がふんだんに生えている感じになってしまい、手に負えませんでした。

我慢を重ね大学に進学してからは、常に長ズボンを履いて過ごしたためコンプレックスの意識は減ったのですが、とどのつまり毛の薄い人に意識はあったので、インターネットで脱毛について調べると、男性用のサロンを見つけました。

加えて何回か通った事もあります。

ただし、サロンには継続的に通い続ける必須があり、私は挫折してしまいました。

社会人になりお金にゆとりが出たら永久脱毛をしようか思い巡らす中です。

自己処理の良くない点

ムダ毛処理をする女性
私は学生ご時世から、電動シェーバーと毛抜きを使って自己処理をしていました。

ただし、自己処理した場合の短所を心積もり、実際では脱毛サロンに通って専門家の方にお願いしています。

そもそも、サロンに通うお金がないという事と、施術には苦痛を伴うという事が気になって、サロンに通う心積もりができないでいました。

肌がかなりデリケートなのでカミソリを使用するのも嫌で、主な処理は電動シェーバーで行っていました。

シェーバーで麗しいに逸れなかったところや残った毛を毛抜きで抜いて…というかんじです。

ただし、毛抜きを使っていると、埋没毛が増加してきてしまうんです。

はじめは艶やかに抜いていても、次第にと皮膚の下に毛が潜り込んでしまいます。

その毛を引っ張り出して抜こうとすると、もちろん肌が傷つきます。

そのような処理を長い間繰り返していたせいで、埋没毛だらけの肌になってしまいました。

理不尽に抜こうとしたところやダメージを負ったところが所々ありボロボロで、恥ずかしくて肌を晒せませんでした。

そんな訳で意を決して、脱毛サロンに心理コンサルタントに行く事にしました。

店舗によってはかなり安価な構想もありますし、何より専門家の方に手入れしてもらえる、助言いただけるのは心強いです。

目下施術中なので、まだ完璧に脱毛しきったわけではないのですが、明らかに薄くなってきていますし、毎日の手入れも常に楽になりました。

素敵になっていく肌を見ると、何となく心境も明るくなります。

厄介な自己処理に見切りをつけて、一層早くからサロンに通って入ればよかったです。