自己処理の良くない点

自己処理の良くない点

ムダ毛処理をする女性
私は学生ご時世から、電動シェーバーと毛抜きを使って自己処理をしていました。

ただし、自己処理した場合の短所を心積もり、実際では脱毛サロンに通って専門家の方にお願いしています。

そもそも、サロンに通うお金がないという事と、施術には苦痛を伴うという事が気になって、サロンに通う心積もりができないでいました。

肌がかなりデリケートなのでカミソリを使用するのも嫌で、主な処理は電動シェーバーで行っていました。

シェーバーで麗しいに逸れなかったところや残った毛を毛抜きで抜いて…というかんじです。

ただし、毛抜きを使っていると、埋没毛が増加してきてしまうんです。

はじめは艶やかに抜いていても、次第にと皮膚の下に毛が潜り込んでしまいます。

その毛を引っ張り出して抜こうとすると、もちろん肌が傷つきます。

そのような処理を長い間繰り返していたせいで、埋没毛だらけの肌になってしまいました。

理不尽に抜こうとしたところやダメージを負ったところが所々ありボロボロで、恥ずかしくて肌を晒せませんでした。

そんな訳で意を決して、脱毛サロンに心理コンサルタントに行く事にしました。

店舗によってはかなり安価な構想もありますし、何より専門家の方に手入れしてもらえる、助言いただけるのは心強いです。

目下施術中なので、まだ完璧に脱毛しきったわけではないのですが、明らかに薄くなってきていますし、毎日の手入れも常に楽になりました。

素敵になっていく肌を見ると、何となく心境も明るくなります。

厄介な自己処理に見切りをつけて、一層早くからサロンに通って入ればよかったです。